出会いの数と成婚率


婚活を始めたらできるだけ早く結婚したいと思うのは誰でも同じです。しかし、より良いパートナーを探すには、出会いの数は多い方が良いのです。3人にしか出会わないで結婚するより、30人と出会ってその中から最良のパートナーを選んだ方が、ご自分の理想に合う人に巡り合えるからです。

婚活では様々な人と出会うことができて、たくさんの選択肢があると考えられます。出会いの数が少ないと「この人【で】いい」という判断になるでしょう。しかし出会いの数が多ければ、理想に近い「この人【が】いい」と判断して結婚を決めることができ成婚率も高くなります。

ご自分の理想に妥協しないお相手が見つかると、後悔しない結婚ができますので、幸せな生活を手に入れるために必要となる基本的な考え方になっています。婚活だけでなく人生の中で大きな選択をするときは、妥協した分だけ後悔する確率が高くなる傾向があるからです。

婚活で長い期間・時間を使わなくても、出会いの数を増やすことができますので、どのような婚活スタイルが良いのか検討してはいかがでしょう。婚活パーティーで多くの人に会うのも、出会いの数を増やすチャンスになります。1対1のお見合いよりは出会う異性が多いので効果的です。

参照サイト
婚活パーティー・お見合いパーティーは「FIORE PARTY」 フィオーレ

見る目を養うために

若い年代の人よりも、年齢を重ねた方の方が仕事でも人を見る目があると感じるでしょう。これは、それだけ多くの人を見てきたから、相手の性格や考えの傾向を理解しやすくなるからです。婚活にも同じことが言えます。

出会いの数が多いと、それだけ多くの異性を見ていますので、お相手の性格や考え方、行動パターンを推測しやすくなるのです。出会った数がかなり多いと、第一印象でも判断ができるようになり、お付き合いをするかどうかの判断も速くなると言われます。

もちろん、実際にお付き合いをしないとお相手の本質は見えませんが、婚活の時間が十分に取れないなど事情がある方には見る目を養うことも大切なステップです。婚活を始めたばかりだと、外見にとらわれてしまうことが多いでしょう。そこで出会いの数を増やしていくと、外見だけでなく性格まで含めて、ご自分との相性を考えられるようになります。

仕事で人を見る目を養うのと、恋愛や結婚で見る目を養うのでは、異なった要素が求められます。婚活を成功させるためには、以上の理由で出会いの数が多いほど良いと考えられます。出会いが多いと遊んでいる印象を持たれることに不安を感じるでしょうが、お付き合いの数と出会いの数は同じではありません。